スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MOEに帰って来ました。サブPC復帰まで長い時間だった。

2016 09 12
およそ三年ぶりにMOEに戻って来ました。
三年前はサブPCが壊れて買取露店を常に出せない状況になり、何とかサブPCを直そうとしたのですが再起動がかかる症状が治まらずやる気が減退してしまいました。

三年前は以下のパーツを交換しました。

・マザーボード
・電源
・メモリ


更に今回はグラボと買い置きしていたCPUファンを付け替え。
早速MOEで露店放置して数日は順調に動いていたけれども、三日ほどでまた再起動がかかる。
この時、実はケースファンが動いていない状況だったのだけれど、私はまだどこかパーツがおかしいのではないのかと思い、メインPC用に買っていたHDDをサブPCのHDDと付け替え(この時にケースファンの症状に気付いていれば、その後のwin7更新に苦しむ事がなかったのに)。
こうなるとOS再インストールになるのだけれど、インストール後マザボのドライバをインストール中に予定外の再起動がかかったのです。
これはもしかして熱か?と考え(負荷がかかり落ちた事から推測)やっとケースファンが回っていない事に気付きました。
ケースファンを接続しなおし回っていることを確認して、マザボのドライバをインストール。次にフリーアンチウイルスソフトのavastをインストール。次がグラボのドライバのインストール。
その後、新品でもメモリに不具合が生じる場合がある(主に違うメーカのメモリの2枚刺し。同じメーカーのカバーと見せかけてカバーを外すと違うメーカーのメモリという事もあるようです)と目にしwindowsのメモリ診断でメモリーに問題ないかをチェック。
それからMOEのクライアントを落としたのですが、MOEのパッチを当てている最中に、再起動がかかる!
ここまでの流れで私は、「windows7の更新の再起動が一度もかかっていない」という状況に気付きました。
普通、OSを再インストールした後はWindowsの更新が頻繁に来るはずなのですが、全く更新がされていません。
これがもしかして再起動の原因か?と考えOS更新を手動で試みるのですが、OS更新でつまずく。
どうやらwindows7からwindows10への移行パッチによる問題だと予測して、解決方法を紹介している人がいました。下記のサイトです。
windows7リカバリー後200個超の更新を失敗させない方法

更に上記よりも時間効率がいい方法を、同じ方が紹介してくれています。※2016/9/12現在、古いパッチだと効果がない場合があります。今現在ですと上記の方法より、こちらの方法が有効でした。
解決!7とVista更新プログラムの確認が終わらない対策まとめ

時間効率のいい方法を試してみる事にしました。上記の方法を実行するために、あらかじめメインPCからDVDに「KB3020369」Rollup事前必須パッケージ・「KB3125574」Rollup第一弾・「KB3172605」Rollup第三弾の三つを入れておく
LANケーブルを抜いてOS再インストール後、準備していたDVDから「KB3020369」「KB3125574」「KB3172605」の順で入れる。
KB3125574のパッチはプログレスバーが数分は動きませんが、待てば動き出します。インストール終了まで長めで、途中に再起動が入りますが問題ありません。
次にマザーボードのドライバを入れてインターネットに繋がるようにする。一度PCを切って、抜いていたLANケーブルを刺してPC起動をして、ネットからグラボのドライバをインストール。
それでは、ドキドキのWindowsの更新確認です。
スタートメニュー→すべてのプログラム→Windows Updateを開いて更新プログラムの確認です。
数分で更新プログラムの確認を終えています!何をしても更新確認を終えなかったWindows7だったので、この瞬間に思わず「やったー」と声が出るほど嬉しかったです。
後はインストールするだけ、長かったです。実はここまで三日半Windws7の更新で時間を取られていました。
これでWindowsの更新が正常に行われるようになりました。

Windows7の更新&インストールを終えて、次はアンチウイルスソフトのAvastをインストール。
それからMOEをDL&インストール、そのままMOEクライアントを起動してパッチを当てる作業へ。
と、ここで再起動がかかりました。これは予定外の再起動です。
大体ここまでPC起動して20分なのですが、まさかこれは電源オプション辺りなのではないかと考え、コントロールパネル→システムとセキュリティ→電源オプションでスリープ機能をオフにして、更に「プラン設定の変更」から、各パーツの省電力設定のハードディスクの項目を20分から999999分へ。これで様子を見てみる事に。
HDDと電源オプションの相性が悪いと、デフォ設定のままだと再起動を起こす場合があるようです。

さてMOEのパッチを当てながら数時間放置して、3時間強でパッチを当てる作業終わり。ここまでで再起動はかかりませんでした。
やりました!サブPC復活しました。
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。